傷病手当金

【概要】

病気(がん)のために働けず、収入が減少したときに受けることのできる保険給付です。療養中の生活の安定を図るための所得補償となります。

 

【利用のタイミング】

次の4つの要件を満たしたときです。
1.病気(がん)で療養中であること
2.仕事ができない状態であること
3.給与の支払がない(減少した)こと
4.仕事を連続して4日以上 ※休むこと(連続した3日(待期期間)の後、4日目から支給されます。)


傷病手当金

 

【対象者】
•協会けんぽ、健康保険組合の被保険者
•共済組合の加入者
• 国民健康保険組合の組合員※

※国民健康保険組合によって異なりますのでご確認ください。

 

【利用方法】

ご加入の医療保険に傷病手当金支給申請書を提出します。申請書には、医師の意見および勤務先の証明が必要です。出勤簿と賃金台帳のコピーを添付します。

 

【申請窓口】

協会けんぽ、健康保険組合、国民健康保険組合、共済組合

 

【効果】

療養中の生活費が補償されます。
•支給開始から1年6ヵ月間、仕事を休む前の給与のおおよそ3分の2の額が支給されます。ただし、仕事に復帰した場合は、1年6ヵ月前であっても支給されなくなります。
•1ヵ月ごとに申請することができます。


よくある質問


Q1:国民健康保険に傷病手当金はありますか?

 

A1:いいえ、市区町村の国民健康保険には傷病手当金という制度がありません。ただし、職能団体の国民健康保険組合によっては、傷病手当金制度がありますので、各国民健康保険組合への確認が必要です。

Q2:再発の場合でも傷病手当金は支給されますか?

 

A2:ケースバイケースです。傷病手当金の同一疾病での支給期間は、支給開始から1年6ヵ月です。初発と再発が同一の傷病であるかどうかの問題となり、健康保険では、「社会的治癒」という考え方で判断します。それは、再発までの間に相当期間に渡って社会復帰(職場復帰等)をしていた場合は、社会的には治癒していたとみなし、再発を別の病気として扱います。その場合、傷病手当金が支給されることがあります。