公益信託・奨学金


【概要】

ここでは、りそな銀行が受託している「アフラックがん遺児奨学金基金」を紹介します。

公益信託は、篤志家などの個人や企業等が自らの財産を信託銀行等に信託し、信託銀行等は、定められた公益目的に従い、その財産を管理・運用し、公益のために役立てようという制度です。奨学金の支給や自然科学・人文科学研究への助成など様々な公益信託があります。公益信託を調べたい場合は、一般社団法人信託協会の「公益信託データべース」が便利です。 

 

【利用のタイミング】

新規奨学生の募集期間は、毎年11月から翌年2月末までの4か月間です。奨学生の募集は、高等学校長協会・全日本中学校長会・日本私立中学高等学校連合会などを通じて全国の学校に案内をしているほか、小児がんの治療を行っている病院や、新聞・雑誌などでも告知されています。

 

【対象者】

がん遺児
・主たる生計維持者をがん(悪性腫瘍)で亡くし、経済的援助を必要とする方
・奨学金受給時に高等学校などに在学中の方(当年度入学希望者を含む)
・奨学金申請時における前年度の世帯の収入または所得が指定の条件を超えない方(詳細は募集要綱をご確認ください)など

 

【利用方法】

募集要項をご確認ください。

申請窓口

公益財団法人がんの子どもを守る会
 〒111-0053 東京都台東区浅草橋1-3-12  TEL:03-5825-6311

 

【効果】

給付額:月額25,000円(年額30万円)
給付期間:高校などに在学中の期間(正規の最短修業期間以内)
給付方法:原則として7月、11月、3月に4カ月分をまとめて給付