子ども保険・学資保険:保険料免除特則(特約)


【概要】

契約者本人が死亡した場合、以後の保険料払込が免除される特則(特約)です。


【利用のタイミング】

契約者本人が死亡したとき


【対象者】

保険契約者


【利用方法】

契約者の遺族が、保険会社に対して免除申請を行います。
 申請手続きには
・死亡診断書
・除籍謄本
・住民票
などが必要となります。


【申請窓口】

ご契約の生命保険会社のコールセンターなど


【効果】

契約者本人が死亡した場合、以後の保険料を支払わなくてもお祝い金(学資金や満期保険金)を受取ることができます。


よくある質問


Q1:現在加入している学資保険に保険料免除特約を付けています。保険料が免除されるのは死亡時だけでしょうか?


A1:保険種類や保険会社によっては、死亡時のほか所定の高度障害状態などの場合も保険料免除になる場合があります。

Q2:既に契約している学資保険に保険料免除特約を途中から付けることはできますか?


A2:この特約は途中から付加できないのが一般的です。詳しくは、ご契約の保険会社にお問い合わせください。

Q3:保険料免除特約を付けた学資保険と、付けていない学資保険では保険料やお祝い金に違いがありますか?


A3:はい。通常、保険料免除特約を付けた学資保険のほうが返還率(お祝い金/払込保険料)が低くなります。満期保険金等が同額の場合、保険料免除特約を付けた学資保険の方が保険料が高くなります。

Q4:もし、子どもが死亡した場合は?


A4:通常、死亡給付金としてそれまでの既払い保険料相当額が支払われます。