生命保険:契約者貸付制度


【概要】

生命保険の解約返戻金の一定範囲内で保険会社からお金を借りることができる制度です。


【利用のタイミング】

一時的にお金が必要となった場合


【対象者】

保険契約者
 

【利用方法】
•生命保険会社に請求依頼
•生命保険会社によっては専用カードでATMにて引き出すことも可能。
 

【申請窓口】

ご契約の生命保険会社コールセンターなど
 

【効果】

解約返戻金の約7~9割以内で貸付を受けることができます。
ただし、保険会社や保険の種類によって異なります。


よくある質問


Q1:誰が借りることができますか?


A1:契約者です。


Q2:全ての保険商品で使えますか?


A2:いいえ。保険種類によっては利用できません(掛け捨ては不可)。

Q3:利息はつきますか?


A3:はい。保険会社の所定の利息が複利でつきます。

Q4:利用することにより保険契約は失効しますか?


A4:いいえ。ただし、貸付金と利息の合計が解約返戻金を超え、所定の金額を通知された期限までに返済しなかった場合には保険契約は失効します。

Q5:返済期間は?


A5:基本的には保険期間満了までで、返済は貸付金額の一部だけの返済でも一括返済も可能です。

Q6:返済できない場合は?


A6:貸付金の利息は複利計算で、元利合計額が増えていくのでご注意ください。返済しないことも可能ですが、その後、貸付額が多いと保険の失効したり、万が一の保障の金額が差し引かれることがあります