退職に伴う制度:退職金


【概要】

勤務先を退職する際に、受けることのできる給付です。法律上、必ずしも支払われるものではありませんが、勤務先に退職金制度がある場合、支給されます。就業規則もしくは退職金規程(以下「就業規則等」)で、確認してみましょう。


【利用のタイミング】

退職するときです。企業によっては前払制度を導入しているので、その場合は在職中にもらうこともできます。


【対象者】

就業規則等により定められた対象従業員。
 一定の勤続年数(多くは3年)以上の正社員に支給されていることが多いです。対象従業員が亡くなった場合は、遺族に支払われます。


【利用方法】

就業規則等に基づき、勤務先が支給手続を行います。 前払制度を選択する場合は会社への申出が必要です。退職後給付については、一時金もしくは年金の選択ができる場合もあります。


【申請窓口】

勤務先の担当窓口 例)人事労務担当者、経理担当者、総務担当者等


【効果】

就業規則等に定められた支払時期に、所定の金額の退職金が支払われます。 自己都合退職と会社都合退職では、支給額が異なるのが一般的です。