がんと暮らしを考える会の目的

この会は、がんに罹患することで生じる、社会的な苦痛(特に経済的な苦痛)を緩和することにより、

がん患者とその家族が安心して暮らすための支援体制を構築することを目指します。


活動方針

  1 この会は、

がんになったときに利用できる諸制度・サービスの知識を、必要とする全ての人が得ることのできる方法を検討、構築します。
2 この会は、

平均的な所得を持つ患者・家族を主な対象として制度・支援の検討・研究を行います。

  3 この会は、

多職種が連携することで、それぞれが持つ知識・ノウハウを結集し、会の目的を達成することを目指します。

  4 この会は、

法律や社会制度の遵守をすべての前提に、がん患者とその家族が、ごくあたりまえに制度を活用して暮らせる方法を考えていきます。

   5 この会は、

誰もがアクセスしやすく、分かりやすい手段で情報を提供します。 

以上の内容について    

2012/3/15採択されました。 


ダウンロード
定款
2013年度NPO法人がんと暮らしを考える会 定款.pdf
PDFファイル 241.2 KB
ダウンロード
2016年度総会 議案
2016年度 総会.pdf
PDFファイル 423.1 KB
ダウンロード
2016年度総会 議事録
がん暮ら総会議事録H29.5.18.pdf
PDFファイル 89.1 KB
ダウンロード
2016年度計算書類.pdf
PDFファイル 112.2 KB


理事の紹介


理事長 賢見 卓也(けんみ たくや)

■ 医療法人社団パリアン 看護師

1999年兵庫県立看護大学卒業、2008年日本大学大学院グローバルビジネス研究科卒業。がん医療と生命保険業界の発展的なサービスの在り方について研究。

がんになった際に利用できる公的・民間サービスに関して、知っている人は使えるが知らない人は使えないという現状(申請主義)を解決する方法を検討するため、協賛メンバーのご支援の下、「がんと暮らしを考える会」の設立にいたりました。


副理事長 岡本 英夫(おかもと ひでお)

■ファイナンシャルプランナー

大学卒業後、金融専門出版社(㈱近代セールス社)で編集記者、月刊誌編集長、制作本部長などを経験し、現在、ファイナンシャルプランナーとして活動中です。

銀行・証券会社・保険会社などでFP資格取得研修の講師もつとめてきました。「がんと暮らしを考える会」では、おもに社会保険・年金、資産管理、相続などの分野でお役にたてればと思っています。


副理事長 近藤 明美(こんどう あけみ)

■ 近藤社会保険労務士事務所 代表 

■ 株式会社KSR 取締役

■ 特定社会保険労務士・キャリアカウンセラー(JCDA認定CDA)

日々は、企業の人事労務コンサルティング、個人の就労相談やキャリアカウンセリングを行っています。「社会保険はわかりにくい」とよく言われます。そこで、がんになった時に利用できる社会保障制度を「わかりやすく使いやすくしたい」という思いから、この会に参加しました。がん罹患後の働き方、社会保険の利用についてサポートさせていただくことで、よりよく暮らしていくお手伝いができたら嬉しいです。


理事 石田 周平(いしだ しゅうへい)

■ 石田社会保険労務士事務所

■ 特定社会保険労務士、障害年金アドバイザー

平成21年石田社会保険労務士事務所開業。平成24年がんと暮しを考える会に参画。平成25年からがん拠点病院にて、相談員。 

会社員で休職している人には傷病手当金、以前より身体機能が落ちていて日常生活や仕事に支障が出ているという人なら、障害年金を受給できる可能性があります。障害年金など社会制度を利用し、多くの人が経済的な問題が解決できればと活動中。


理事 川崎 由華(かわさき ゆか)

■ ファイナンシャルプランナー華

■ 平成24年度日本FP協会「くらしとお金の相談室」相談員

大学卒業後、がん領域の薬を扱う企業に勤務していました。退職してCFP®資格を取得、2児の母となり、主婦向けのマネー講座や個人相談、執筆などファイナンシャルプランナー(FP)として活動しています。医療とお金は切り離すことができません。病気やけがで思わぬ医療費がかかるというだけでなく、特にがんで長期的な医療が必要な場合には、ライフプランを変更せざるを得ず、お金の悩みを抱えてしまう方も少なくありません。そういった場合に、サポートできるのはFPではないでしょうか。
患者さんの病気や治療を理解して、心のサポートまでしていくことが、私が前職も活かして出来るFP活動だと思っています。


監事 山崎 祥光(やまざき よしみつ)

■ 弁護士法人御堂筋法律事務所

■ 弁護士

■ 医師

医従事者・病院側に立って,医療紛争を中心に扱っています。
既存の制度が多数あるのに,うまく整理・周知がされておらず,せっかくの制度が役立っていない現状があると感じたので,この会に参加させていただきました。


会員として活動してる専門家の方々


伊東 文子(いとう ふみこ)

社労士・FP事務所オフィスビサイド 代表

■特定社会保険労務士、2級キャリアコンサルティング技能士、
 シニア産業カウンセラー、1級ファイナンシャル・プランニング技能士

 

兄をがんで亡くしたのはもう30年以上前です。その頃と違い、今は治療後に社会復帰も当たり前となりました。今、私が得た社会保障の知識や就労支援、お金の相談に関する経験を活かし、働き盛りのがん患者の方々へのサポーターとして是非お役にたちたいと思っています。患者の方々と一緒に、よりよい方法を見つけていきたいと思います。


山岸 玲子(やまぎし れいこ)

山岸社労士事務所 所長

士業WOMAN 副代表(女性障害年金社労士チーム)


平成23年、山岸社労士事務所を開業。社会保険の専門家として、開業当初より障害年金相談に携わっています。
ご相談の中で社労士一人では解決できない問題にぶつかることもあり、多くの方々と協力する必要性を感じ、「がんと暮らしを考える会」に入会しました。
入会後に家族ががんに疾患、病気になったとき本人や家族が直面する不安や悩みを身近に経験し、自分だからこそできるサポートがあると信じて活動しています。副代表を務める任意団体「士業WOMAN」では、女性の障害年金サポート・就労支援に力を入れています。


黒田 尚子(くろだ なおこ)

黒田尚子FPオフォス 代表

CFP®資格1級ファイナンシャル・プランニング技能士、消費生活専門相談員資格

NPO法人CNJ認定乳がん体験者コーディネーター、NPOアドバイザリーボード(外部評価委員会)メンバー

大学卒業後、大手シンクタンクにSEとして勤務。在職中にFPの資格を取得し、1998FPとして独立。2009年末に乳がん告知を受け、「がんとお金の本」(Bkc)を上梓。自らの体験から、がんなど病気に対する経済的備えの重要性を訴える活動を行っています。

2015年度から聖路加国際病院のがん経験者向け「おさいふリング」のファシリテーターを務めるなど、がんとお金のスペシャリストとして、がん患者やそのご家族への支援を行いたいと考えています。

近著に「がんとお金の真実(リアル)」(セールス手帖社)他多数。


水戸 聖子(みと せいこ)

■ 水戸聖子税理士事務所 所長税理士 

■ 株式会社エル・フィナンシャル・プロフェッションズ 代表取締役

■ 医療リスクマネジメントMRM資格(リスクマネジメント協会MRM1202004)

『ガンなんてわたしには関係ない』とお考えの方はたくさんいると思います。しかし、この病気に直面した場合、知っていて本当によかった!と思えることはたくさんあります。誰しもいつかむかえる死に対して『相続』が『争族』にならないよう、家族が今後の人生を円満に送れるよう、自分の今後の人生をよりよく生きられるよう、考えることは大切なことだと思います。少しでも、そのお役にたてれば、と思い、ガン患者さんの実情にあった、きめ細やかな対応を心掛けていきたいと思います。

黒田 ちはる(くろだ ちはる)

■ 黒田ちはるFP事務所 代表 

■ 看護師

■ CFP®、1級ファイナンシャル・プランニング技能士

■ 患者さんやご家族にとって、経済面の悩みが心身に更なる負担をかけているという現状に直面し、がん看護の経験を活かしたFP(お金の専門家)的アプローチを行う『看護師FP』として活動しています。

仕事と生活とがん治療を両立する為の生活設計に関するご相談を行っており、経済面の悩みの解消が心身の負担軽減に繋がればと思っています。


久保田晶子(くぼたあきこ)

■CFPR、1級ファイナンシャル・プランニング技能士

保険販売に20余年従事し、転職する矢先に子宮がん発覚(2016年)。

手術の後遺症を複数患い、再就職に苦労した体験を人前で語ることのある私にとり、

『がんと暮らしを考える会』は、がんにまつわる課題についてタイムリーに学ぶことのできる有意義な場です。


山口 聖子(やまぐち せいこ)

■ 緩和ケア認定看護師

がんの診断~治療期~終末期に至る様々な患者さんの“つらさ”をなくし、自分らしく充実した生活を実現するための支援(緩和ケア)を行っています。

高額な治療費、休職や退職による収入減、家族の生活費など、経済的問題は患者さんだけでなく、ご家族の生活にも大きな悩みとして直結しています。「限りある財源の活かし方に工夫の余地はないのか?」という疑問をもち、この会で勉強しています。