おすすめの動画


さくさべ坂通り診療所 院長 大岩孝司先生

さくさべ坂通り診療所 院長 大岩孝司先生の基調講演です。
がん患者さんの痛みの緩和は、身体だけでなく全人的な痛みの緩和が必要。その人のやりたいことを支えるケアについての講演内容です。2017年11月11日全国フォーラムにて。


医療費と家計の話 がんと暮らしを考える会 理事長 賢見卓也

多発性骨髄腫の方の医療費と家計についてご説明しています。全てのが患者さんに共通する内容も含まれているため、ぜひ一度ご確認ください。

定年退職後のがんとお金の話 社会保険労務士 石田周平

定年退職後の60~65歳は、がんに罹患して仕事を続けられるかどうか、年金がもらえるまでにどう生活するかの悩みを抱えている人が少なくありません。また利用可能な制度も複雑であるため、この世代の方にはぜひ聞いて欲しい内容です。2017年8月。


がんと生活設計について

がんに理解んした後の仕事や家計についての考え方や方法を学ぶことができます。